ウインドリバー

↓ウインドリバーの動画フル配信中↓
1ヶ月間無料お試し利用可能です!

「ウインドリバー」はテイラー・シェリダン監督のサスペンス映画です。

アメリカの辺境を舞台に現代社会が抱える問題や現実をあぶりだしています。

 

ウインドリバーの動画フル視聴のおすすめ方法

ウインドリバーの動画をfull視聴できるサービス一覧は下記をチェックしてみてください。

動画サービス名 動画フル 1ヶ月間
mieru TV × 1ヶ月間
TSUTAYA TV 30日間
U-next 31日間
music.jp 30日間
auビデオパス 30日間
FODプレミアム 31日間
Hulu × 14日間
ビデオマーケット 31日間

※U-next、TSUTAYAなどのタイトルから公式サイトに進めます。
掲載情報は2018年11月時点なので、現在の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。

いずれの動画配信サービスにも無料トライアル期間があるので、お試し利用中にもらえるポイントを使ってウインドリバーをfullで視聴しても料金は0円です。

正式入会の前に退会すれば1円も払わずにウインドリバーがタダで観れます

ウインドリバーを観るならTSUTAYA TVが1番おすすめです。

→ 理由はこちら(下に移動します)

→ 今すぐウインドリバーを観る

 

ウインドリバーのキャストやあらすじ

▼キャスト
ジェレミー・レナー/エリザベス・オルセン/ジョン・バーンサルジル・バーミンガム/ケルシー・アスビル/グレアム・グリーン/ジュリア・ジョーンズ/テオ・ブリオネス/タントゥー・カーディナル/エリック・ラング/トカラ・クリフォード/マーティン・センスマイヤー/オースティン・グラント/イアン・ボーエン/ヒュー・ディロン/マシュー・デル・ネグロ/ジェームズ・ジョーダン

 

▼あらすじ
ネイティブアメリカンが追いやられたワイオミング州の雪深い土地、ウィンド・リバーで、女性の遺体が発見された。FBIの新人捜査官ジェーン・バナーが現地に派遣されるが、不安定な気候や慣れない雪山に捜査は難航。遺体の第一発見者である地元のベテランハンター、コリー・ランバートに協力を求め、共に事件の真相を追うが……。

ウインドリバーを見るなら
動画フルが無料視聴できます。

▼ウインドリバー関連動画

 

ウインドリバーの感想や詳しいあらすじ、結末

※ネタバレする場合があるので注意してください。

映画「ウインドリバー」はシリアスなサスペンス映画です。

ネイティブ・アメリカンの差別問題やFBIの操作形態の矛盾など非常に重いテーマが扱われており、アメリカの闇を暴き糾弾するようなメッセージ性を感じました。

「ウインドリバー」の舞台はタイトル通りウインド・リバーという豪雪地帯のネイティブアメリカン保留地です。

ネイティブ・アメリカンは政府によって荒廃した土地に追いやられているという背景があります。

ウインドリバーではギャンブルやドラッグなどが横行しており自警団のような人々が街を治めています。

そのような事情を抱えるネイティブアメリカン保留地の一つで起きた少女の殺人事件を基点として物語は進みます。

主人公のコリーは警察ではありませんが、ウインド・リバーに詳しい地元のハンターとして捜査協力を行います。

コリーもまた娘を何者かに殺されており、痛みと怒りをもって事件に挑みます。

映画「ウインドリバー」はのテーマには複雑な事情が扱われていますが、ストーリーとしては単純で殺人事件の犯人を探すというものです。

殺人自体にトリックがある訳でもなく、容疑者が複数いてその中から犯人を探し当てるといったミステリー要素が映画の中心にある訳でもありません。

主人公が映画の中で探しているのは殺人事件の犯人ですが、それは表層的なものであり、本当に探している、あるいは闘っているのはネイティブ・アメリカンが置かれた状況そのものであり、いったい何がこのような状況を生み出したのだろうという問いをその面持ちから窺う事が出来ます。

「ウインドリバー」の感想を見ると、非常に重苦るしく鑑賞するのに体力が要りそうな映画だなと思うかもしれませんが、この映画の優れているところはテーマ性だけでなく、エンターテインメントとしても優秀なところにあります。

ラスト近く容疑者が働く掘削現場へ捜査に向かうのですが、作業員たちと警察官のやり取りが非常に緊張感があります。

緊張が最高潮に達した後、銃撃戦が始まるのですが、主人公コリーの戦い方が他の映画では見ないようなやり方で非常に新鮮であり、格好良かったです。

最後にはカタルシスも用意されています。

テーマとしては暗めですが、映画としてはそうでもなく普通に面白いのでおすすめです。

掲載情報は2018年11月時点なので、現在の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。

 

TSUTAYA TVの特徴とおすすめな理由

01TSUTAYA
TSUTAYA TV無料トライアル

TSUTAYA TVの魅力やデメリットも含めて特徴を紹介します。

TSUTAYA TVはツタヤが運営する動画視聴サービスです。

30日間は1ヶ月間で、8000本見放題作品があり、動画ポイントが新作2本分の1080ポイントもらえるので、見放題動画と別に新作映画が2本視聴可能。

動画はダウンロードも可能なのでデータ通信を気にせず外出先でも楽しめます。

デメリットとしては見放題動画の数は多くないので暇つぶしに利用したい人向けのサービスではないということ。

新作をよく観る場合や、動画ポイントで観たい作品が決まっている場合は非常におすすめなサービスです。

 

ウインドリバーはパンドラやDailymotionでも観れる?

Ihou

pandora(パンドラ)やDailymotion(デイリーモーション)といった海外の動画共有サイトに映画やバラエティ、アニメの動画フルがアップロードされていることがあります。

しかし、パンドラやDailymotion、9tsuでウインドリバーの動画フルを観るのは下記のような理由からおすすめしません。

・画質が良くない
・広告が頻繁に表示されて集中して見れない
・ウィルス感染のリスク等もある

動画配信サービスの無料トライアル期間を利用すれば、上記のような問題はすべて解決され快適に無料視聴可能ですので、あえてクオリティの低い違法サイトで観るリスクを犯す必要はないと思います。(そもそも違法なのでしてはいけません)

 

まとめ

ウインドリバーの動画フル配信情報をまとめます。

ウインドリバーの動画がfullで視聴できる動画配信サービスはこちらです。

動画サービス名 動画フル 1ヶ月間
mieru TV × 1ヶ月間
TSUTAYA TV 30日間
U-next 31日間
music.jp 30日間
auビデオパス 30日間
FODプレミアム 31日間
Hulu × 14日間
ビデオマーケット 31日間

※U-next、TSUTAYAなどのタイトルから公式サイトに進めます。
掲載情報は2018年11月時点なので、現在の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。

無料トライアル申し込みで新作も観れるポイントがもらえるので、そのポイントを使ってウインドリバーの動画フルが無料で見れます。

下記から申込んですぐにウインドリバーを視聴可能です。